2006年04月18日

証券会社の説明会で(ふわっぴーさんのコメントから)

 前回、いやな分配金を出す代表としてGW7つの卵を例に挙げてみたところ、ふわっぴーさんからコメントをいただきました
 ふわっぴーさん、いつもありがとうございます。わーい(嬉しい顔)

 証券会社が開催する投資信託の説明会に出席するなんて、積極的に情報収集をしていらっしゃるんですねー。
 私なんて、1回もいったことがありません。

 ふわっぴーさんが聞かれた証券会社の説明を検証してみましょう。


【GW7つの卵は、リスクを分散することで、安定的かつ効率的にリターンを狙うものだそうです。】

 株式へのウェイトが郵便局の投資信託より大分高いですが、国際的な分散がされており、その目的は達せられそうです。
例えば、国際債権一つとっても米ドル、ユーロ、ポンドへの分散が図られているようです。


【担当者は、部長兼店頭サービス課長の肩書きを持つ人でした。その人が言うには、この商品の分配金は、2005年の1月の分配金800円あたりが、本来の目標らしいです。】

 これは、長期的に年間8%程度のリターンを目指しているということですよね。この投資信託の株式への投資の割合が75%、債権への投資割合が25%ということなので、まあ妥当なところでしょう。


【分配金については、購入しやすいように、およそ1万円に基準値が下がるようにする方針だそうです。】

 なるほど!と思ったあなた。投資信託の基準価格を誤解していませんか?
続きは次回でお話します。




posted by フール at 22:23| Comment(2) | TrackBack(1) | 郵便局の投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんばんは。フールさん。
 私のコメントを記事にして頂いて光栄です。
 次回の記事を楽しみにしています。
 
Posted by ふわっぴー at 2006年04月19日 00:23
いつもコメントありがとうございます。

ちょうど話題的にタイムリーだったので、コメント勝手に使わせていただきました。

今後ともお願いします。
Posted by フール at 2006年04月19日 22:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

投信購入者のほとんどは合理的な選択をしていない
Excerpt: モーニングスターの投資信託純資産高ランキング、週間増加額ランキング、月間増加額ランキングを見てみると、販売手数料・信託報酬(維持手数料)の割高な毎月分配・毎月決算型やバランス型の商品が数多く占めている..
Weblog: ホンネの資産運用セミナー
Tracked: 2006-04-22 21:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。